« 小須田康人さん | トップページ | ぱちんこ冬のソナタ »

畝を作ろう

 さて、青森にやってきた。

 きのうはナレーション撮りの仕事があって、順調に終わって帰り際にふと手帳を見たら、きょうと明日は仕事が無かった。私の仕事はいつ仕事が入るかわからないから、結果的に前の日までに仕事が入らなかったら休みということになる。

 ふと、永田農法のDVDを母親に送ろうと思っていたことを思い出し、電話をかけてみた。母は家の裏でちょこちょこ野菜を作っているらしいのだが(正月帰ったときは雪が積もっていて見えなかった)あそこで永田農法をやってもらえばいいんじゃないかと思ったのだ。
 母によると、雪が無くなったので土を起こしたところだという。畝作りにちょうどいい。せっかくだから一緒にやろうと思って、急遽帰ることにしたのだ。それを思いついたのが17時前で、そこから予約を取って19時50分発の飛行機に乗った。我ながら思いついたあとの行動は早い。

 家に着いたのは21時30分を過ぎていたが、なにもいらないと言っておいたのに寿司があった。母が思いつく私の好物は寿司で、それは確かに当っているんだけど。

 寿司を食べつつ一緒にDVDを観た。私が思っていた以上に母は野菜を作っていたらしく、いろいろ口を挟むので驚いた。でも永田農法は全然違うものなので、DVDはとても役に立った。口で説明するよりずっと早い。

 自分がナレーションをしているDVDを一緒に観ながら酒を飲んだ。母の飲み込みは早く、すっかりやる気になったようであった。でも、そうなると思っていた。私が永田農法を勧めたのは、単にナレーションをやったからではない。明らかにラクだから勧めたのだが、実際にやっている人ほどこのラクさがわかる。
 そして、年老いていく親と共通の趣味が持てるとしたら、親が野菜を作ってくれるのが一番いいと思った。私はしょっちゅうは帰れないけれど、進捗状況を聞くことで会話ができる。

 というわけで、畝を作る気まんまんで起きたのだが、あいにくきょうは雨。あれれー。とりあえずホームセンターでクワ買ってこよう。

« 小須田康人さん | トップページ | ぱちんこ冬のソナタ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ