« 浅田真央、15歳 | トップページ | 携帯から »

まだ花見

 桜は散ってしまったが、土曜は花見であった。鈴木さんからの誘いメールには「私が花だ!」とあったので、いざとなりゃ鈴木さんを見ながら酒を飲めばいいのか。

 ところが仕事が長引いてしまい、夕方に合流するつもりが夜になってしまった。鈴木さんちに移動して飲んでるんだろうなーと思って電話をしてみたらやっぱりそうだった。鈴木さん、木原さん、山王丸さんと電話を代わってもらったが、みんな要領を得ない会話であった。まぁ昼間っから飲んでるんだもんな。

 とりあえず出かけることにして家の近所のスーパーに行ったのだが、何を買っていったらいいのかさっぱりわからない(それを電話で聞いたのだけど)。とりあえず鈴木さんはイチゴが好きなのでイチゴを買い、売り場をうろうろしていたらゴーヤが視界に入った。春になったばかりだけど売ってるんだねー。でも高い。1本400円。小さめだし。

 でも急にゴーヤチャンプルーが食べたくなったので買った。スパムと木綿豆腐も買った。もうみんなお腹いっぱいかもしれないが、私が食べればいいのだ。あと、鈴木さんちはワインがたくさんあるから、モッツァレラチーズとフルーツトマトとバジルを買った。あの家なら塩とコショウとエクストラバージンオイルはあるだろう。

 鈴木さんの家に着いたのは9時を過ぎていたが、まだたくさんの人がいた。風間トオルさんまでいらしたのは驚いたが、ご挨拶もそこそこに私は台所に入り、猛然とゴーヤチャンプルーを作った。
 作っている途中で木原さんが息子さんと一緒に帰り、さんちゃん一家も帰ってしまったが、私はゴーヤチャンプルーを食べた。私が食べているので風間さんも手をつけてくれて、おいしいといっておかわりをしていたので良かった。町さんはトマトを食べて「甘いこのトマト」と驚いていたが、近所のスーパーにあった永田農法じゃない高糖度トマトだった。永田農法トマトだったらもっと甘いんだけど。

 合流が遅かったので、あまり酔っぱらわずだらだらっと飲んで帰ってきた。結局花見はしなかったけど、外に出たら寒かったから正解かもしれない。

 今回、ゴーヤチャンプルーについては私の中で作り方が確定した。結構久しぶりに作ったのに自信を持って作れた。もともと難しい料理じゃないけど、私なりに毎回作り方が変わっていって、手際も良くなって、何から準備して何をどういうタイミングで入れるか、みたいなことがほぼ決着した感じ。
 そういや正月に実家に帰ったときに、以前私がゴーヤチャンプルーを作ったら、それ以降しょっちゅうゴーヤチャンプルーが出るようになったと母のダンナが言っていたので笑ったっけ。新しい料理を覚えると作ってみたくなるのであろう。ただ、あの時作ったやつにはナンプラーを入れていなかった。それはそれでおいしいんだけど、うちの母はナンプラー味のチャンプルーは食べられるだろうか。

« 浅田真央、15歳 | トップページ | 携帯から »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ